1. ホーム
  2. 日本ヘルスケアリートの概要
  3. 執行役員ご挨拶

執行役員ご挨拶

執行役員: 藤岡 博史  平素は日本ヘルスケア投資法人に格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

 本投資法人の2016年10月期(第5期)の営業収益は679百万円、営業利益は274百万円、当期純利益は246百万円、分配金につきましては、1口当たり利益分配金を3,306円、利益超過分配金を800円、合計として、1口当たり分配金は4,106円となりました。

 2016年10月期は、2016年10月に「そんぽの家 西田辺駅前」(取得価格:710百万円)を取得したことにより、資産規模は上場時の13,280百万円から、45.5%増加となる19,318百万円へと拡大致しました。今後も厳選した物件に投資し、ポートフォリオの価値向上を図ります。

 本投資法人が保有する施設のオペレーター数は、上場時の7社から2016年10月期末は11社へと拡大しました。オペレーターの分散の進展と、長期賃料固定での賃貸借契約の締結により、ポートフォリオの安定性の維持・向上を実現しています。 

 財務関連におきましては、引き続き、将来のリファイナンスリスクの低減を図りながら、更なる財務体質の強化に努めてまいります。

 今後とも、本投資法人は運用会社である大和リアル・エステート・アセット・マネジメント株式会社、スポンサーである株式会社大和証券グループ本社、アドバイザーであるAIPヘルスケアジャパン合同会社が一体となり、投資主価値を最大化していくことを目指していく所存です。

 投資主の皆様には引き続きご支援、ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

ページの先頭へ