1. ホーム
  2. 日本ヘルスケアリートの特徴
  3. 基本方針

基本方針

社会インフラへの社会貢献投資

社会インフラであるヘルスケア施設への投資に特化することで、投資を通じて社会に貢献します。

拡大するシニアマーケットへの投資による成長

高齢化の更なる進展により、ヘルスケア施設への社会的需要は中長期的に拡大することが見込まれます。
ヘルスケアに関する専門性、幅広いネットワーク、資金調達力により、中長期的に運用資産の拡充を図ります。

安定したキャッシュフロー

各ヘルスケア施設の運営事業者(オペレーター)と長期(残存賃貸借契約期間実質10年以上)かつ賃料固定の賃貸借契約を締結し、キャッシュフローの安定化を図ります。
運営の安定化を図るため、厳選したオペレーターとの協業やオペレーター相互の運営のバックアップについて検討します。

アセットの特徴を活用した投資主還元方針

減価償却費の比率が高いアセットの特徴を活かし、利益超過分配(出資の払戻し)による継続的な投資主還元を図ります。
ヘルスケア施設の特徴を活かした投資主優待を検討します。

充実したサポート体制と高い独立性

金融のプロフェッショナルである株式会社大和証券グループ本社(スポンサー)とヘルスケアのプロフェッショナルであるAIPヘルスケアジャパン合同会社(アドバイザー)の総力を結集したサポート体制を構築します。

充実したサポート体制と高い独立性

本投資法人の資産運用会社は、特定のオペレーターグループの参画がなく、高い独立性を有するため、幅広いオペレーターとの協力関係の構築が可能です。

ページの先頭へ